落日の彼方






敦盛は、怪我をして倒れていたところを熊谷小次郎に助けられる。
彼の人柄に惹かれる敦盛だが、源氏の有力武将の息子である小次郎に自分の素性を告げることが出来ず、敵同士であることに悩み苦しむ。
そして、敦盛は小次郎の前から姿を消し……やがて、運命の一ノ谷の合戦の火蓋が、切って落とされた。

平家物語「敦盛の最期」をモチーフとした歴史小説です。



第1章

第2章

第3章

第4章

第5章

第6章

第7章

第8章

第9章

第10章

 第11章

 第12章

(完結)



Novel Room





広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー