……とはいっても、こんなの見てもわけがわかんないと思います(汗)。
とりあえず、アレキサンダーは半生を戦争に費やしていたんだ、というのが伝わってくだされば……

(紀元前)
BC490
ペルシア戦争はじまる。
BC480 テルモピュライの戦いでスパルタ軍敗北。サラミスの海戦でギリシア海軍勝利。
BC479 プラタイアイの戦いでペルシア軍大敗。
BC386 「大王の和約」(アンタルキダスの和約)。ギリシアは小アジアのペルシア帰属を承認。
BC359 マケドニアでフィリッポス2世即位。
BC356 フィリッポス2世と王妃オリュンピアスの間にアレキサンダー誕生。
BC338 カイロネイアの戦いアテナイ・テーバイ連合軍がフィリッポス2世に敗れ、ギリシアの自由に終止符。
BC336 マケドニア王フィリッポス2世暗殺。アレキサンダーが20歳で即位。
BC335春‐夏 マケドニア王国の北および北西部国境を遠征。
BC335秋 アレキサンダー、ギリシア諸都市の叛乱を鎮圧。テーバイ破壊。
BC334春 小アジア上陸。グラニコス河畔の戦い。ペルシア軍に対する最初の勝利。
BC334夏 小アジア沿岸諸都市を攻略。
BC334冬 小アジア南部沿岸地方(リュキア、パンフュリア、フリュギア)の征服。
BC333春 メムノン指揮下のペルシア海軍による反抗。マケドニア軍はハリカルナッソスの要塞を陥落させる。
BC333 11月1日 イッソスの戦い。ペルシア王ダレイオスを敗退させる。
BC333冬 テュロス以外のフェニキア諸都市を支配下に置く。
BC332春‐夏 テュロスを攻囲、陥落させる。
BC332秋‐春 エジプト占領。アレクサンドリア市の建設。ペルシア海軍の抵抗終わる。
BC331 10月 ガウガメラの戦い。ダレイオスに対する二度目の勝利。大王ダレイオスは東に逃亡。
BC330夏 ダレイオスを追跡。マケドニア軍、メディアとパルティアを占領。
BC330 7月 側近ペルシア人の陰謀によるダレイオス暗殺。
ダレイオスをペルセポリスに葬り、反逆者のバクトリア州長官ベッソスを追跡にかかる。
BC330秋 アレイアの州長官サティバルガネスの反乱鎮圧の為、後退を余儀なくされる。
ドランギアナでマケドニア貴族フィロタスを陰謀の罪に問い、裁判の後死刑に処す。その父パルメニオンも暗殺される。フィロタスはアレキサンダーの親友であった。
BC329夏 ベッソス捕えて処刑。
BC328夏 意見の食い違いにより側近クレイトス、続いてカッリステネスを処刑。
BC327秋 インダス川へと進軍。
BC326夏 インド王ポロスを破る。
BC326秋 自軍の兵士達が東進を拒み、ついに撤退を余儀なくされる。
BC324春 オピスの反乱。
BC324夏 親友ヘファイスティオンの死。
ルソスタン地方のコッサイア人に対する遠征。
BC323春 バビロンでアラビア遠征の為の艦隊を作らせる。
BC323 6月13日 アレキサンダー死去。
以後、後継者の抗争が激化。



Back



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー